活動状況

第1回 理工学研究科総合講義C

「渋滞現象の数理」 - 渋滞とはなにか -

講演者:西成 活裕氏(東京大学大学院工学系研究科・准教授)

日時 : 2008年4月17日(木)4限(14:40~16:10)
場所 : 明治大学生田キャンパス A棟2階 206教室 (小田急線生田駅下車徒歩15分)

略歴 : 山形大学工学部機械システム工学科、 龍谷大学理工学部数理情報学科、 ケルン大学理論物理学研究所(客員教授)を経て、 現在、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻助教授

 

研究分野 : 非線形動力学全般(数理的にはソリトン、超離散、摂動論、 セルオートマトン理 論など。 物理対象としては弾性力学、流体力学、プラズマ物理、 統計学、粉粒体力学など) 、 自己駆動粒子系の渋滞学

                  

明治大学大学院理工学研究科 基礎理工学専攻数学系主催
連絡先:三村昌泰

<< 理工学研究科総合講義C 活動状況一覧へ戻る

▲ページ先頭へ戻る