GPニュース Vol.1 (2009年4月18日発行)

GPニュース発行にあたって

平成19年度採択 組織的な大学院教育改革推進プログラム「社会に数理科学を発信する次世代型人材創発」の一環として、今年度もGPニュースを発行し、我々の活動を配信します。

今回のGPニュースでは、今年度のGP活動予定で、我々ポスドクも関係するものを中心に取り上げています。今年度は、昨年度行ってきた取組をさらに発展させることを目指しています。

内部の人にはもとより、外部の方にも我々の活動を知っていただき、参考にしていただければと思います。本GPニュースの企画・編集はポスドクが行っています。

本プログラムのパンフレットはここからダウンロードできます。そちらも是非ご覧ください。

コーヒータイム

コーヒータイムとは

コーヒータイムは毎週火・木 14:30~15:30異分野交流、上下のつながりを深めることを目標に、「コーヒータイム」を始めました。毎週下記の時間・場所にて、コーヒー・紅茶・日本茶を用意しています。研究室間や先輩後輩との間のより深い交流が生まれるきっかけになればと考えています。

とき 毎週火・木曜14:30~15:30 (初回:4月23日(木))
場所 数学科資料室 (第二校舎6号館6階6607)

昨年度と開催日時が異なっています。数学科資料室では、普段は飲食禁止ですが、この時間帯に限り飲み物のみ許可されています。食事は控えてください。

皆さんの参加をお待ちしてます。

前期の主なイベント(予定)

4月23日

数学科資料室案内

4月28日

自己紹介

4月30日

自己紹介

5月5日

お休み

5月7日

代数系研究室紹介

5月12日

代数系研究室紹介(ビデオ)

5月14日

幾何系研究室紹介

5月19日

幾何系研究室紹介(ビデオ)

5月21日

解析系研究室紹介

5月26日

解析系研究室紹介(ビデオ)

5月28日

現象系研究室紹介

6月2日

現象系研究室紹介(ビデオ)

6月4日

数理ファイナンス系研究室紹介

6月9日

数理ファイナンス系研究室紹介(ビデオ)

この先は未定

数学科資料室の新着図書の紹介も、適宜行っていきます。

この他、新しく赴任された先生方にお話を伺うなど,様々なイベントを企画していく予定です。「こんなイベントをやって欲しい」とか、「今回の企画はどうだったか」など、皆さんの意見、感想、要望を随時受け付けています。ポスドクまでご連絡ください。

学部1~3年生の皆さんへ

この研究室紹介は、実際に研究室で勉強・研究活動を行っている先輩たちによる研究室紹介です(場合によっては先生の話も聞けるかもしれません)。今後、自分が所属する研究室を決める際に、非常に参考になりますので、是非参加してください。もちろん、疑問があればどんどん質問していただいて構いません。

学部4年生および大学院生の皆さんへ

自分の所属する研究室が、いかに魅力的であるかを、主に後輩へ向けて紹介してください。紹介当日に出席できなかった人のためにビデオ撮影し、その次のコーヒータイムでその映像を流そうと考えています。これは、コーヒータイム以外で使うことはありませんので、ご了承ください。

サポートルーム☆すけっと

サポートルーム☆すけっととは、大学生活や数学の勉強に関する悩みを、深刻になる前に気軽に相談できるような場を提供することを目的に、昨年度から設置したものです。是非、一度「サポートルーム☆すけっと」をご一読ください。

我々ポスドク3名は、第二校舎3号館 3215室(内線:7677)にいます。御用の際はお訪ねください。

研究室紹介

昨年度から、学生たちの視点に立った研究室紹介を掲載しています。今年度も、引き続き内容の充実を図ります。

先生方および研究室に配属されている皆さんへ

掲載用のアンケートのご提出をお願いいたします。変更がある場合もご気軽にどうぞ。その他、アンケートのファイルが必要な場合や疑問がある場合にも、ポスドク宛メール(gppd[at]math.meiji.ac.jp ([at]は@に置き換えてください。))にご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。

プレゼンテーション課題研究

今年度のプレゼンテーション課題研究では、2009年12月に博士前期課程1年の皆さんが自分たちが発表・企画を行う研究発表会を開催する予定です。また、プレゼンテーションに関わる講演も開催される予定となっています。

大学院進学を希望している学生さんは、是非この研究発表会へ出席しましょう。今後の自分のためにも役に立つことがあるはずです。もちろん、進学をしないつもりの人の参加も大歓迎です

編集後記

名前が「大学院教育改革支援プログラム」から「組織的な大学院教育改革推進プログラム」に変更されました.

今回が2009年度第1回目です。まだまだ不十分なところがあるかもしれません。GPニュースについてご意見ご要望などございましたら、ポスドク宛メール(gppd[at]math.meiji.ac.jp ([at]は@に置き換えてください。))にてお寄せ下さい。

GPニュース編集委員:谷口由紀
松岡直之
吉田尚彦

▲ページ先頭へ戻る