GPニュース Vol.3 (2009年11月??日発行)

はじめに

GPニュース Vol.3 では、組織的な大学院教育改革推進プログラム「社会に数理科学を発信する次世代型人材創発」のプロジェクト研究課題である「プレゼンテーション課題研究」の第1回発表会の様子を報告します。また、GPポスドク主催の「コーヒータイム」の後期の様子についても紹介します。

2009年度 プレゼンテーション課題研究発表会

プレゼンテーション課題研究とは?

本プログラム「社会に数理科学を発信する次世代型人材創発」は高度で幅広い数学的素養を基にして、社会に広く貢献する人材を育成することを目標としています。

そこで、これまでの教育体制に加えて、社会で特に求められている「自ら企画を立て実行するマネジメント能力の創発」と「数理科学を社会に適用・発信するプレゼンテーション能力の創発」の強化を行うことを目指し、開講されたのが「プレゼンテーション課題研究」です。

発表会

本課題研究では、毎年、博士前期課程1年の学生達が普段自分達が勉強・研究している数学について発表を行っています。今年度の発表は、以下の要領で2回に分けて行うことになりました。

1回目「数学を専門としない方」を対象にした発表会

日時: 2009年 11月 21日(土) 11:00~15:00
場所: 明治大学 中央校舎4階0401教室

テーマと発表者

  1. メビウスの帯
    発表者:寺岡 由希絵(佐藤研究室)
  2. 遠近法 〜絵画に見る数学〜
    発表者:椿 祐一(阿原研究室)
  3. 数の歴史 〜無理数発見の歴史を中心として〜
    発表者:赤沼 浩之(藏野研究室)
  4. 薬の吸収と微分方程式
    発表者:小杉 拓也、中井 翔(廣瀬研究室)

詳しくはこちらをご覧下さい。


2回目「数学を専門とする方」を対象にした発表会

日時: 2009年 12月19日(土) 11:00~13:00
場所: 明治大学 理工学部第二校舎A館4階 0206教室

テーマと発表者

  1. 環と加群のCohen-Macaulay性解析
    発表者:小浦 あす貴(後藤研究室)
  2. ノーベル賞をもらった微分方程式
    発表者:島袋 清子(三村研究室)
  3. 相分離現象について
    発表者:高橋 健太(上山研究室)

※発表順は未定です。

詳しくはこちらをご覧下さい。


当日の様子11月21日(土)、生明祭の中の展示という形で第1回目が開催されました。数学を専門としない方を対象とするポスター発表という形で行われ、当日は、気温は低かったものの天候はよく、多くの来場者に恵まれました。M1は自分のポスターの説明をしたり、来場者からの質問に答えたりと大忙しの1日でした。

12月19日には、第2回目の発表会が開催されます。こちらはより専門的な内容について発表が行われることになると思われますが、分野外の方々もぜひ足をお運び下さい。

コーヒータイム

コーヒータイムでの研究室紹介 後期のコーヒータイムは、以下の日程で行っています。

とき:毎週火曜14:00~15:30
場所:数学科資料室 (第二校舎6号館6階6607)

後期は特にイベントは行わず、参加者が雑談をしながら交流を深めています。プレゼンテーション課題研究の進捗状況の確認や、作業のアドバイスを出すなども行ってきました。

10月13日には、ポスドクがM1に対してPower Pointによるポスターの作り方の実践的な話をする予定でいましたが、M1たちが率先して広報用のチラシを作ったり、Power Pointを使えない学生には使える学生が教えたりという光景を目にすることができました。まさに、学生たちが自分たちの力で作り上げている場面を見ることができ、またコーヒータイムがそのような場を作る手助けをしたことに大変な喜びを感じました。

また、コーヒータイムの時間中に他学科の学生が数学の質問をしに来ることも増え、徐々にそのような輪が広がってゆけば良いと思っています。

「こんなイベントをやって欲しい」とか、「今回の企画はどうだったか」など、皆さんの意見、感想、要望を随時受け付けています。ポスドクまでご連絡ください。

編集後記

早いもので、本プログラム終了まであと半年を残すのみとなってしまいました。

GPポスドクのひとりである谷口由紀さんが11月より首都大学東京に異動になりました。我々としては心強い仲間を失い寂しい気持ちもありますが、仲間の栄転を心より祝福しています。

残り半年間、GPポスドクとして気を緩めず精一杯活動に取り組んで行く所存ですので、どうぞよろしくお願いします。

まだまだ不十分なところがあるかもしれません。GPニュースについてご意見ご要望などございましたら、ポスドク宛メール(gppd[at]math.meiji.ac.jp ([at]は@に置き換えてください。))にてお寄せ下さい。

GPニュース編集委員: 早坂太
松岡直之
吉田尚彦

▲ページ先頭へ戻る