活動状況

第2回 理工学研究科総合講義C

「生物インテリジェンス」

- 生物の世界には、我々が想像を超えるような賢明な仕組みそして行動がたくさんあります。

 これは生き物の神秘でしょうか? 現象数理学の視点から、この問題を考えたい。 -

講演者:三村 昌泰氏(明治大学大学院 理工学部数学科 教授)

日時:2010年4月22日(木)開始時刻:14:40~
場所 : 明治大学生田キャンパス A棟2階 A207教室 (小田急線生田駅下車徒歩15分)

略歴 :京都大学工学部を卒業、甲南大学(理学部)、広島大学(理学部)、東京大学大学院(数理科学研究科)、広島大学大学院(理学研究科)を経て、2004年から現職に就く。先端数理科学インスティテュート所長。 平成20年度グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」拠点リーダー。

 

研究分野 : 現象数理科学。自然界に現れる様々な現象を数学の言葉で理解したいという夢を小さいときから持っていた。それを研究のライフワークとしており、最近では、生物の形やそこに現れる模様がどのようにして出来上がっていくのかを、数学とコンピュータの両方を使うことから研究している。

                  

明治大学大学院理工学研究科 基礎理工学専攻数学系主催
連絡先:上山大信

<< 理工学研究科総合講義C 活動状況一覧へ戻る

▲ページ先頭へ戻る