P-MTS数理科学教育

P−MTS数理科学教育とは?

組織的な大学院教育改革推進プログラム「社会に数理科学を発信する次世代型人材創発」では,明治大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻数学系において,平成17年度採択プログラム「魅力ある大学院教育」イニシアティブ「社会との関りを重視したMTS数理科学教育」として実績のあるMTS数理科学教育を発展させたP−MTS(Post MTS)数理科学教育を実施します。P−MTS数理科学教育では,MTS数理科学教育の優れた部分はそのままに,現代社会で必要不可欠な,プレゼンテーション能力の強化を目指します。また,高度に発達したネット社会に適応できる人材育成を目指し,大学院教育に特化したSNSを新たに導入します。ここでは,P−MTSの基礎となるMTS数理科学教育について説明しましょう。

MTS(マルチトラックシステム)数理科学教育

明治大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻数学系では,大学院に「MTS(マルチトラックシステム)数理科学教育」の下記3コースを開設し、社会との関わりを重視した教育を展開しています。(平成17年度文部科学省「魅力ある大学院教育」イニシアティブ採択プログラム「社会との関りを重視したMTS数理科学教育」の支援のもと開始し,現在も継続中。)

理論数理コース
代数学・幾何学・解析学という伝統的な「理論数学」の研究開発を目的とします。
数理教育コース
広い数理科学の知識を持ち、数学の魅力と面白さを社会との関りの中で子供たちに伝えることができる、優れた教員の養成を目指します。
現象数理コース
自然や社会現象を数理的に理解し、それらの記述と解析を目的とする、新たな数学分野「現象数理学」の研究開発を行います。
MTS数理科学教育とは

これまでの日本の数学教育は、「孤立した形」で数学を教える傾向が強かったように思われます。そのような反省の元,他の学問分野・技術や実社会との関りの中で、数学が果たしている役割とその重要性を理解すること、これを通して数学学習の動機付けを持つといったことに重点を置いた教育を行っています。具体的には、現象数理コース・理論数理コース・数理教育コースという3コースを設置しています。

繰り返しますが、一番大切なことは、3つのコースが有機的に組み合わさっていて、分離独立したものではないということです。大学院では複数指導担当制を実施し、受講学生達は3つのコースの中から、主たる一つのコースの他に、もう一つのコースを副コースとして、履修あるいは聴講するよう求められます。

現象数理コースの主要科目として開催される「理工学研究科総合講義C」は,実社会の最先端専門家によるオムニバス形式の講義科目です。数学系のみならず,理工学研究科の全学生を対象としており、グローバル・ビジネス研究科からも参加して頂きます。現象数理学は新しい学問分野であって、数学の基礎分野と理工学・生物学・社会学・経済学などとの境界(インターフェース)を目指し、現象の数理モデル構築・シミュレーション・解析を行い、諸分野との共通言語という可視化という手段を用います。現象数理コースは、このような数理科学的手法に熟練することを目標とするコースです。

理論数理コースは、代数学・幾何学・解析学という伝統的な学問分野で、研究者を養成することを目的とします。私達教員が運営する研究機関「数理解析研究所」では4つの分野(代数学・幾何学・数理解析学・現象数理学)で、定期セミナーを開催しています。いろいろな大学から、研究者や大学院学生が参加しています。このコースの受講生は、定期セミナーを通して数学研究の第一線を体験し、自らも講演をして、研究成果の発表を行います。

数理教育コースでは、ジョブインターンシップや現職の教員を助言者とするセミナーを開催します。子供たちに、数学の面白さを伝えるだけではなく、社会との関りの中で数学がいかに重要な役割を果たしているかを伝え、理解させることができる、そのような教員の養成を目指します。既に明治大学では、リバティーアカデミーの講座の一つとして「教員採用試験準備講座」を開講してきました。数学科からは、この講座で訓練を受けた10名前後の受講生は、全員が公立の中・高等学校に採用されています。実務的な訓練とは別に、MTS数理科学教育では、教員になる学生達には、副コースとして現象数理コースや理論数理コースの履修や聴講を求めます。現象数理コースで数理科学的方法を学び、実社会で数学がどのように使われ、いかに重要な役割を果たしているかを理解すること、理論数理コースで数学を深く学ぶことは、21世紀の日本の数学教育において、非常に大切なことであると私達は考えるからです。このプログラムに取り組む私達の目標は、長い時間のスパンの中で、MTS数理科学教育で育った学生達が教員として高等学校や中学校で子供達を教え、数学が実社会で果たす役割に深い興味を持った子供達が、やがて明治大学に進学してくるという、そのような流れを作り上げていくことにあります。

▲ページ先頭へ戻る