サポートルーム☆すけっと

大学院生・若手研究者に対する様々な支援について

奨学金関係

明治大学博士前期・後期課程では「日本学生支援機構」による奨学金と「明治大学」による奨学金があり、貸与型の奨学金に関してはほぼ確実に受けることができます。また、成績優秀者に対しては、給費型の奨学金(博士後期課程向け:明治大学大学院研究奨励奨学金A・博士前期課程向け:明治大学大学院研究奨励奨学金B)が与えられます。


日本学生支援機構


明治大学の奨学金関係窓口


財団法人味の素奨学会

研究者養成型助手・RA・TA制度

明治大学では、博士後期課程学生に対しては研究者養成型助手制度あるいはRA制度、博士前期課程学生に対してはTA制度による経済的な支援が行われています。

研究者養成型助手制度は明治大学独自のシステムであって、学生でありながら専任助手の職を持つことができ、常勤としての待遇と給与を得ることができます。もちろん採用のためには審査に合格する必要があります。もしも研究者養成型助手になれなかったとしても、博士後期課程学生はほぼRAへ採用されており、どちらかによる支援のおかげで研究活動に専念することができます。

博士前期課程学生に対しては、演習の指導や学習支援室での質問対応などを行うTAのアルバイトが提供されています。

この他,明治大学に併設されている先端数理科学インスティテュートには,現象数理学を専攻する博士後期課程の学生のために,独自の ph.Dプログラムが用意されています.詳しくは以下をご覧ください.

MIMS ph.Dプログラム

ポスドク制度

ポスドク(正式にはpostdoctoral fellow)とは,学位取得後の研究者のための任期付研究員の職のことです.欧米の大学などではごく一般的な制度です.日本では,日本学術振興会特別研究員(PD)やグローバルCOE研究員などが有名です.

ポスドクになるには,自分で募集情報を調べて応募するのが一般的です.日本学術振興会特別研究員と海外のポスドクの情報(もちろん全てではありません)は,以下のところからご覧になれます.この他,大学ごとのホームページや研究者データベースJREC-IN(「公募情報」にリンクがあります.)にもポスドク募集の情報が載ることがあります.


日本学術振興会特別研究員


海外のポスドクの情報(American Mathematical Society, Career Services)

競争的研究資金

大学や民間の研究機関で研究を続けるためには研究資金が必要になります.そのために,さまざまな研究資金の支援制度が設けられています.一番有名なものは,文部科学省と日本学術振興会による科学研究費補助金です.他にも,大学ごとの研究補助金や,住友財団や三菱財団のように企業が独自で行っている研究助成制度もあります.多くの場合,研究者はこのような研究助成制度に応募することで研究費を調達します.


科学研究費補助金
(申請時期:毎年9月から11月頃まで.若手研究(スタートアップ)は毎年4月頃)

住友財団基礎科学研究助成
(申請時期:毎年4月から6月頃まで)

三菱財団自然科学研究助成
(申請時期:毎年1月から2月頃まで)

内藤記念科学振興財団科学奨励金
(申請時期:毎年6月頃まで)

新領域創成型研究・若手研究
(明治大学内の応募型研究費.申請時期:毎年4月から5月頃)

公募情報

国内の大学など研究機関の公募情報は,以下のページから検索することができます.他にも,大学の掲示板やホームページに公募情報が掲載されることもよくあります.

研究者人材データベースJREC-IN

▲サポートルームのもくじへ戻る